モンブランの歴史

名前の由来

モンブラン (Mont Blanc) は栗を贅沢に使用したケーキで、正式名称は「Mont Blanc aux Marrons (モンブラン・オ・マロン)」です。そもそもモンブランは、ヨーロッパ最高峰の山、モンブラン (標高4810メートル) の名前。フランス語で「白い山」と言われ、その名の通り夏でも氷河によって白く輝いています。そんな山をイメージしてケーキを作ったことから、この名前になったと言われています。お菓子業界では、プリン、シュークリーム、ショートケーキと共に「洋菓子の四天王」と呼ばれます。

発祥

フランスのサヴォア地方やイタリアのピエモンテ州など、アルプス山脈に近い地方で食べられていた家庭菓子が原型とされています。栗のペーストに、泡立てた生クリームを添えたもので、イタリアでは、やはり同じ「白い山」の意味をもつ「モンテビアンコ (Monte Bianco)」の名前で呼ばれています。現在のモンブランを初めて提供した店は1903年創業のパリのサロン・ド・テ (ティールームのこと) の「アンジェリーナ」と言われています。パリ1区のリヴォリ通りにある名店で、ファッションデザイナーである、ココ・シャネルが愛した店としても知られています。メレンゲの土台の上に生クリームを絞り、マロンペーストで覆ったフランス風モンブランの登場です。なお、「アンジェリーナ」に勤めていたパティシエの夫人がイタリア人で、母国の「モンテビアンコ」をヒントにモンブランを考案したという説があります。

日本のモンブラン

洋菓子店のショーケースには、黄色いモンブランと茶色いモンブランが並んでいるのを見かけます。黄色いモンブランは栗の甘露煮クリームを絞った日本独自の昔ながらのスタイルです。栗の甘露煮は、渋皮をむき、きれいな色を着色させるため、くちなしの実と一緒に煮て作ります。これが黄色いモンブランのクリームとなります。日本で最初にモンブランの販売を始めたのは東京・自由が丘の「モンブラン」という老舗洋菓子店。1933年に初代店主がフランス、シャモニーを旅行した際に出会ったデザートやヨーロッパ最高峰のモンブランに刺激を受けたことがきっかけ。関係者に許可をとり店名を「モンブラン」と名付けます。また、シャモニーで出会ったデザートを日本人の口に合うように、土台にカステラを使用し、栗の甘露煮クリームを用いたりとアレンジを加え発売。これが日本独自のモンブランとして全国に広まります。

 

一方、茶色いモンブランは1960年代以降、フランスで修業したパティシエ達が「アンジェリーナ」風のモンブランを伝えたことがきっかけと言われています。フランスでは栗を渋皮ごと煮てクリームにしているため、茶色いモンブランになります。また、土台にはカリカリに焼いたメレンゲを使います。


参考文献

  • 小林かなえ、2007、『トレ・ボン パリからのお菓子だより』 株式会社MCプレス
  • 中村勇、2008、『おいしいスイーツの辞典 甘く、かわいいお菓子のストーリー』 成美堂出版
  • 猫井登、2008、『お菓子の由来物語』 幻冬舎ルネッサン
  • 猫井登、2011、『おいしさの秘密がわかる スイーツ断面図鑑』 朝日新聞出版