ティラミスの歴史

発祥

1960年代に考案されたイタリア発祥のデザート。マスカルポーネチーズのクリームとエスプレッソを浸み込ませたスポンジなどを交互に重ね、最後にココアの粉を上からふるいます。日本ではバブル崩壊が始まった1990年頃にティラミスブーム起き、社会現象となりました。

イタリア国内での発祥地についは諸説ありますが、北イタリアのヴェネト州トレヴィーゾにあるレストラン 「ベッケリーエ」 とする説が主流のようです。レストランオーナーの祖母と母が1960年代に考案し、スポンジではなくサヴォイアルディというフィンガービスケットを用いて作ったそうです。その他には、マスカルポーネチーズで有名なロンバルディア地方が発祥という説、またトスカーナ地方とする説もあります。

名前の由来

Tiramisuのtiraはイタリア語で「引っぱる」、miは「私を」、suは「上に」で、直訳すると「私を上に引き上げて」という意味です。「私を元気にして」、「私を天国に連れて行って」と意訳されることもあります。材料に含まれるエスプレッソがカフェインを含んでおり、夜遊びする前に食べたことから、このように呼ばれるようになったと言われます。また、ティラミスに使用されるマスカルポーネチーズは乳脂肪分が約80%と高カロリーで、遊びの前の活力源だったことも、名前の由来に関連しているようです。

カフェ ナカアカリのティラミス

それでは舞台をカフェ ナカアカリのキッチンへ移しましょう。カフェ ナカアカリのレシピではフィンガービスケットを使用します。フィンガービスケットを焼いた後で、抽出したてのエスプレッソをたっぷり浸み込ませます。その後、マスカルポーネチーズ、卵、生クリームを使ったクリームを作り、エスプレッソに浸したフィンガービスケットの上から注げば完成です。クリームにはラム酒や白ワインなども加えていますので、風味豊かです。一口食べたら天にも昇る気持ち・・・とまではいかなくても、皆様の素敵な笑顔を見ることができたら嬉しいです。


参考文献

  • 日本スイーツ協会 (監修)、2015、『スイーツ手帳~おいしさをひもとく142の秘密』 主婦と生活社
  • 猫井登、2008、『お菓子の由来物語』 幻冬舎ルネッサン
  • 千石玲子、千石禎子、吉田菊次郎、2012、『仏英独=和<新>洋菓子辞典』 白水社