コーヒーゼリーの歴史

発祥

コーヒーゼリーは日本生まれの冷菓と考えられています。コーヒーゼリーに関する最初の資料は1914年 (大正3年) 4月3日付の読売新聞に登場します。家事や生活のことを扱う、「家庭面」にコーヒーゼリーのレシピが掲載されました。

 

日本で最初にコーヒーゼリーの販売を手掛けたのは「ミカドコーヒー」の創業者です。「ミカドコーヒー」は軽井沢で当時夏季のみ営業していた喫茶店で、コーヒーゼリーは1963年に販売。「食べるコーヒー」として大ヒットしました。

 

コーヒーゼリーは基本的にコーヒーとゼラチンがあれば作れます。材料が簡単に手に入り、作り易さもあって、家庭のおやつとして普及します。現在ではカフェや喫茶店の定番商品ですが、海外ではあまり知られていません。

カフェ ナカアカリのコーヒーゼリー

カフェ ナカアカリのコーヒーゼリーは高品質なスペシャルティーコーヒー豆を使用しています。挽きたてのコーヒー豆をハンドドリップで抽出、そのあとの急冷も、美味しさを閉じ込めるための大切な作業です。ごろんと上に乗った自家製バニラアイスクリームとの相性も抜群。さらに、この丸いアイスクリームにちょこんと添えられたオレンジピールが良いアクセントになっていますが、実はこのオレンジピールを作るのに3日かかります。このデザートのためにご来店いただくお客さまも多くいらっしゃる人気メニューです。

関連するページ

・ゼリーの歴史


参考文献

  • 日本スイーツ協会 (監修)、2015、『スイーツ手帳~おいしさをひもとく142の秘密』 主婦と生活社
  • 木村衣有子、2015、『コーヒーゼリーの時間』 産業編集センター