スコーンの歴史

誕生

ティータイムの定番であるスコーン (scone) は1800年代後半に英国北部のスコットランドで誕生したといわれています。当時、鉄板の上で焼かれていたバノック (Bannock) という平たいパンが、ベーキングパウダーの発明やオーブンの普及により膨らみが増し、空気が入ることで食感に違いが出てきました。さらに砂糖も加わることにより現在のスコーンに近いお菓子になります。

名前の由来

スコーンの名前の由来は諸説あります。1)「良質な白いパン」を意味するオランダ語の「schoonbroot」やドイツ語の「sconbrot」を語源とし、それがスコットランドで「scone」になったとする説。2)スコットランドの古都パースのスコーン村で、王の戴冠式に使われていた椅子の土台に関係するという説。この椅子の土台は「the Stone of Scone (またはthe Stone of Destiny)」と言われ、スコーンの形もこの石の形と関係しているというものです。3)スコットランドのゲール語で「ひと口大の大きさ」という意味の「Sgonn」に由来する説など。なお、本場のイギリスでは「scone」は「スコン」と発音されることが多いようです。

クリームティーとは?

スコーンと紅茶のセットのことです。イギリスのティールームやカフェの店先で「Cream Tea」と書かれた看板を目にすることがあります。名前だけ聞くと、ウィンナーコーヒーのように紅茶にホイップクリームを浮かべた飲み物を想像しますが、実際にはジャムとクロテッドクリームを添えたスコーンと、紅茶のセットのことです。


参考文献

  • 日本スイーツ協会 (監修)、2015、『スイーツ手帳~おいしさをひもとく142の秘密』 主婦と生活社
  • 羽根則子、2015、『イギリス菓子図鑑 お菓子の由来と作り方』 誠文堂新光社
  • Cha Tea 紅茶教室、2012、『英国ティーカップの歴史』 河出書房新社
  • Cha Tea 紅茶教室、2014、『英国紅茶の歴史』 河出書房新社